会社に所属しない占い師の場合

占い会社に所属せず、占い師個人で、鑑定依頼を受けたい場合はどうすればいいのでしょうか?

対面鑑定をするなら、まず鑑定する場所が必要です。

一番手軽なのは、喫茶店です。静かでテーブルが広ければカード占いもできます。相談者に事前に、飲み物代は自己負担で別料金と告げておきましょう。

SOHO向け貸し事務所などのように、鑑定のための貸しスペースを借りるという方法もあります。

東京都内だと、フリーのネイリストやメイクアップアーチスト向けに、小さなスペースを貸し出すサービスがあり、占いにも使えます。

喫茶店やレストランなどの片隅を借りたり、自宅の一室を鑑定ルームにしている占い師もいます。

対面でなく、電話やメールでの鑑定なら特別な鑑定ルームがなくても自宅で可能です。

会社に所属しない場合の一番の問題は、広告です。あなたが占い師として鑑定を受けていることをたくさんの人に知ってもらうために、インターネット、チラシ、雑誌やサイトの有料広告など、いろいろな方法が考えられます。

口コミで相談者が増えていくのが理想ですが、最低限の告知と広告は必要です。

受付窓口は、電話、メール、ファックスなど複数用意しましょう。常時鑑定依頼が入るようになったら、二十四時間電話受け付けしてくれるサービスを利用するのもいいでしょう。

鑑定費用は、もちろん占い師が自由に決めることができます。高すぎれば依頼が来ませんし、安すぎると信頼できない安っぽい占いだと思われてしまうことになります。

一時間一万円程度で、占っている場合が多いようです。

出張占いや、企業からの依頼は割り増し、学生の場合は割引ありなど、料金設定も工夫しましょう。

当然、領収書も必要です。

相談者へのアフターサービスに力を入れている占い師も多くいます。

その後をたずねるメールや、割引サービスのハガキを出したり、メールマガジンを発行したり、いろいろな方法があります。

占い会社に所属しながら同時に、個人で鑑定依頼受け付けすることもできます。ただしその場合は当然のことながら、占い会社の相談者に、個人鑑定の勧誘をしてはいけません。占い会社によっては、即、クビにされてしまいます。気をつけましょう。

占い依頼を劇的に増やす妙薬はありませんが、地味なようで意外と一番効果的なのは、同じ名前で、決まった場所(受付窓口)で長く、続けることです。

何年もたってから、「あの占い師さんにまたみてほしい」と訪れる相談者も、少なくないのです。

 

新人占い師にオススメな方法

占いの技術を生かしてできる仕事は、占い鑑定だけではありません。

出張占いやセミナー講師など、さまざまな仕事があります。

メール鑑定は手軽にはじめられますが手間がかかるわりに低料金です。温泉地での出張占いは、料金的にはいまひとつでも、温泉に入れるメリットがあります。

それぞれにメリットデメリットがあり、違った魅力があり、向き不向きがあります。個人事業主である占い師は、当然のことながら、複数の仕事を平行してこなしています。

これから占い師として開業しようと思っている人にも、また、すでに占い師として仕事をしていて、もっと仕事の場を広げたいと思っている人にも参考にしていただけるように、具体的にいろいろな仕事を見ていきましょう。

なんといっでも占いの仕事の基本は、占い鑑定です。占って、その代金としてお金を得る。一番シンプルでわかりやすい仕事です。

メール、電話、対面鑑定など、いろいろな方法があります。たとえば新人占い師のあなたが、対面鑑定したいと思ったとします。一番手軽で確実なのは、各地の占い館で雇ってもらうことです。つまり、アルバイト占い師になるのです。占い館の求人は、ネットのサイトや新聞、広告などで見つけることができます。

応募の仕方は、普通の仕事と変わりません。電話して連絡を取り、写真を貼った履歴書を作って面接に行きます。

時給形式のところもありますが、相談者ひとりあたりいくら、という歩合制である場合が多いようです。歩合制の場合、たとえば相談者が払った金額のうち、四割が占い師の取り分というような形になります。

営業時間は店によって違いますが、たいていの場合、夜遅い方が来店者が多いので、勤務時間も夜が中心になるでしょう。

近くに占い館がない場合は、電話鑑定会社に登録するのが、確実です。

応募方法や面接は、占い館の場合とかわりません。なかには面接も書類審査もない鑑定会社もありますが、入りやすいところほど、いろいろな問題があるのはどこの業界でも一緒です。

電話鑑定会社が電話を転送してくれるので、相談者に自宅電話番号を知られずに占い鑑定をすることができます。電話鑑定は完全歩合制です。何時間待機していても、鑑定電話がこなければ取り分は0円です。

メール鑑定も、会社に所属する場合、同じような流れになります。やはり歩合制で、一回の回答が何文字で、いくらということになります。かなり安い場合が多いようです。

テレビ電話鑑定、ネット対面鑑定や、チャット占いも同様です。

会社に所属することの最大のメリットは、不特定多数に向けて住所や電話番号などの個人情報を公表しなくてすむことでしょう。たとえば副業禁止の会社につとめていても、占い師名で仕事することができます。

同じく大きなメリットは、継続して仕事をすることができるところです。繁盛している占い館、占い鑑定会社なら、つぎつぎと鑑定依頼が入ってきます。文字通り、あなたは座って待っているだけで、仕事することができます。

電話やメール鑑定の場合、料金回収できるかどうかも大きな問題です。会社に所属していれば、そういう心配もありません。

他の占い師と会う機会ができるのもメリットと言えるでしょう。会社によっては勉強会や懇親会があったりする場合もあります。

複数の会社に所属している占い師も多くいます。違う会社に入ってみると、いろいろ裏側が見えてきます。

あなたが新人占い師で、これから開業しようと思っているなら、まずは占い館か電話、メール鑑定会社に登録してみることをおすすめします。占いを仕事にする、一番簡単で楽な方法だからです。

デメリットとしては、相談者が払う金額と自分か受け取る金額に大きな差があることでしょう。占い会社に所属する占い師の多くが、そう思って、独立していきます。